つーりんぐれぽ 2010年9月

9月17・18日 1,000キロ超の極端ツー@新潟・長野
別に、折角バッテリーを交換したのだから走らにゃ損・・という訳では無く、ちょうど涼しくなって来た良いタイミングということで、遅い夏休みを金曜日に充ててモーティブに宿泊予約。通勤時にツーマプを読む習慣が無くなって久しく、行きたい所などの下調べが疎かになってしまっていたので、これを機会にディーラーさんが主催している道の駅スタンプラリーなどやってみることに・・。モーティブに泊まる時はいつもどこにも寄らずにストレートに向かってばかりだったから、今回は遠回りしてみよう・・まずは新潟と富山の県境にある道の駅「越後市振の関」を一個目のスタンプ押印場所と設定。今まで通り3時起き、4時出立。

とりあえず以前行けず仕舞いだった魚沼スカイラインを走りたかったので、関越を塩沢石打で降りる。インター近くのコンビニで朝食を摂っていたらぱらぱらと雨が降り出した。カッパのズボンを履いてスカイラインをあがる。半袖Tシャツ、ウィンドブレーカー、ダウンジャケット、3シーズンジャケットと着込んでいるのにまだ肌寒い。雨脚は強くなったり弱くなったり。幸い展望台では小降りになったのだけれど、さすがに一眼を取り出せるほどでは無く撮影は全てGRD2で。稲刈りが始まる前にこの景色を見ておきたかった。青空だったならもっと金色に映えて綺麗だっただろうに・・残念だけれど来られただけでも良しとしよう。
R253を西へ走り抜ける間、ずっと土砂降り。思ったよりも時間を食ってしまい上越インターを予定よりも1時間遅れで乗る。R8を走っても良かったのだけれど、去年走ったばかりで同じ道を何度も走るのは嫌いなので楽をする。いやはや、それにしてもここまでの土砂降りって最近遭ってない。何も久しぶりの遠出ツーリングにこんなにならなくても・・。道の駅に着くころには晴れ間が出てきてほっとしたのもつかの間、日本海はどんよりとした雲をたたえて「いつでもまた降り出してやるぜ」な様相。案の定R8を東に戻るころには再び土砂降りw

糸魚川からR148を南下する。道の駅「小谷」でお昼としたのだけれど、これが空振り。お値段とお味が見合っていなかった・・。寂しい気持ちで走りだし、風切地蔵でも見てみたいと県道433を右折したものの結局見つけられずにUターンして探すだけの時間も無く通り過ぎ無駄に時間を食う。その先、R406へ左折し目指すは「いろは堂」のおやき。これで3度目になるけれどいつ行っても幸せな気分になれる。今回は「あざみ」のおやきをサービスで付けてくれた。最初の予定通りここでお昼にしてもう一個食べた方が良かったね・・。

県道36号を南下、途中迷走し西に向かってR148に戻るつもりが東に走ってしまい、あわてて県道86号で再度南下。2個目のスタンプは「美ヶ原高原美術館」なのに、この調子だと17時までに到着出来ない!悔しいけれど更埴インターから高速に乗り豊科まで。かなり無理して美ヶ原林道を飛ばしたものの、5m先も見えない霧に阻まれ思うように進めず・・。車は一台も追いつかず、すれ違ったのも1台のみ。
こんな夕暮れ時の霧の中走る人なんて居ないんだろう・・。結局かなり危ない思いをして飛ばした苦労は報われず、道の駅到着は17時21分。スタンプを押印出来ずにとぼとぼとモーティブに向かったのでした。

お宿到着19時、15時間走り続けて本日の走行距離650キロ。4ヶ月ぶりのツーリングだっていうのに、一体何を考えているのやら・・。当たり前ですがへとへとです。何でそんなルートを?の問いにスタンプラリーと答えるとオーナー曰く「らしくないことやってますねw」。うーん、分かってらっしゃる。本当は翌日草津と秩父の道の駅に行く予定だったのだけれど、時間に追われて危険な走りをするくらいなら・・と翌日はお勧めの場所へ行って帰路に着くことに予定変更!

連休前の金曜日、私以外のお客さんは2名。早く寝るつもりが、0時過ぎまで喋り捲り。
翌朝、朝早く出立の予定をこちらも変更し、朝食を頂いてゆっくりなチェックアウト。おかげさまで疲れもしっかり取れました。

静岡からいらしたというドカのST乗りなSさんもオーナーお勧めの鹿嶺(かれい)高原まで行かれるそうで、途中からご一緒させてもらう。

R158を南下、道の駅「南アルプスむら長谷」(一応ここでもスタンプ押印)でカレーパンでも買って景色を見ながら食べようと思ったのだけれど、無かったのでアップルパイを。残念ながら山の頂上付近には雲がかかってしまっていましたが、パノラマな景色は堪能出来ました。

ピストン林道なのにかなりの台数の車が上がって来るため、運転にはご注意を。
山から下りる頃にはお昼時、折角なので伊那市街でご飯をご一緒させて頂くことにして、一番最初に目に留まったソースかつ丼のお店に2台を滑り込ませる。

「田村食堂」さんは地元の方の利用率高し。出てきたソースかつ丼はお肉は分厚いのに脂身少なく柔らかく、めちゃくちゃ美味しかった!
食後、伊那インターからSさんは南下、私は北上とお別れ。おかげさまで2日目のツーリングが「ただ帰るだけ」にならない貴重な日となりました。

相模湖インターまでノンストップ、そしてそのまま近くの洗車場に行き、昨日の土砂降りで泥だらけになったくろをピカピカにしてやりました。今回1泊2日の走行距離1,000キロ超。いやはや、去年の東北ツーリングでは4泊5日で2,400キロだったのに、ブランクが走りたい気持ちに火をつけたのか一気にメーターが進むことになりました。久しぶりだから疲れたけれど、それでも帰宅してから10キロジョグも出来る体力があったのには驚き!これからはツーもジョグも両立するぞぉーぃw 

くろがきてから・・・
つーりんぐれぽ
ぷろふぃーる
けいじばん
番外編
Link