つーりんぐれぽ 2010年5月

5月3・4日 とにかくのんびりツー@長野
GWだというのに何処にも行く予定をたてていなくて、このままだとバイクにすら乗らないで終わりそうだったので、急遽予約を入れたモーティブさん。いつもの慣れた道を走り、慣れた所に泊まってとにかく新年度のバタバタで溜まった疲れを癒そうと出掛けました。
双葉S.AからスマートI.Cで降りていつもの下道県道17号を上って行きます。

途中南アルプスが映る水田を見つけてUターン。写真を撮っていたらその水田の前にあるお宅からおじいさんが出てきて話しかけてくれました。どこから?に神奈川からと応えると「戦中は金沢八景の軍事工場で働いていたんだよ。」とのこと。「戦争が終わってからはこっちに引っ込んだきりだけどね」。

このアルプスが見える風景を前に立ち止まる人が多いらしく、おじいさんの家の前にはお手製のベンチが置いてありました。飲み物とかあったらここらで一息、おすすめです。

おじいさんから教わった新しく出来た道を進むと、諏訪市街の混雑にかすることもなくビーナスラインにアクセス出来ます。今回は相棒のリクエストで、「蓼科温泉共同浴場」で朝風呂。
私たちの到着と同時にのれんを出しに出ていらした番頭さん、モーティブから少し登った所にお住まいなのだとかw 

誰もいない浴槽を独り占めでのーんびり。1時間近くゆっくりして出てきたら、目の前にある喫茶店「銀のポスト」がちょうどオープン。普段喫茶店などでゆっくりすることも無いからたまにはいいんじゃない・・?とこれまた普段選ばないクリームあんみつで糖分を補給。相方はチョコレートパフェにクリームソーダ(!)。とことん体に優しい(甘い)休日だなぁ・・。

モーティブさんにお邪魔するときは、走り回ってからインすることが多かったのですが、今回はビーナスラインを走る気も無く・・・ってここまで来てビーナスラインを走らないということは逆にすごいかも(爆)。

普段は興味すら示さない観光地価格のお蕎麦屋さんをiPhoneで検索してみます。「食べログ」で見つけたここからすぐの「しもさか」さんに狙いを定めて、オープンまで時間つぶし。
いやはや、バイクで来たけれど走る気ゼロです。

「しもさか」さんはビーナスラインを走った事がある方ならば一度は目の前を通っているはず。カーブの途中にありますから嫌でも目に入ります。

小川のせせらぎを見事に生かした立地でとても良い雰囲気です。
駐車場で待っていたら早めにお店を開けて下さいました。こじんまりとした店内にBGMなどは流れていません。メニューは「せいろ(1,600円)」と「そばがき(1,200円)」に「しるこ(1,000円)」のみ。

出てきたお蕎麦は写真のとおり。これで大盛(2,200円)なんですよ!!「食べログ」で分かっていたもののやっぱりびっくり。こんな機会じゃないととてもじゃないけれど入店しないでしょう。

それでもお昼時は行列になるのだとか。お値段はさておき、美味しかったです。ただ、並んだ上にこの量でこのお値段では皆さん辛口評価になってしまうのは仕方ないのでしょうね。

さささ、まだチェックインには早い(当たり前)ので、長門牧場の近くでお昼寝。日差しは暖かいけれど風は涼しく、二人ともいつの間にかぐっすり。Mさんのメールでハッと気づけば14時半。いやぁよく寝た・・とソフトクリームを食べてモーティブに向かうことにしました。
チェックインを1時間勘違いしていたのだけれど、入れて下さってありがとうございます。ご挨拶の後に、今度はベッドでお昼寝する事に。どうやらかなーり疲れていたらしい・・。

夕食の時間前にお風呂に入り、食べ慣れた夕食と共にビールで乾杯。GWということもあり、遠方からのお客さんも沢山いらっしゃいました。既に食事を済ませて来られた方などはお部屋でゆっくりされている様子。

無理にお客同士交流しなくてもいいし、してもいいし、勝手気ままに過ごせるのがこのお宿のとっても良いところ。私たちも会話に加わりつつもオーナーに次のツーリングのルート相談w とっても癒された一日でした。珍しく夜更かしして23時に前日精算を済ませて就寝です。

翌日は往路と全く同じルートで帰路に。甲府昭和I.Cから相方とも別行動。いやはや、バイクのツーリングとしてはイマイチかもしれないけれど、とにかく乗れたし食べたし、話せたし。ちょっとずついいとこ取りなツーリングとなりました。

くろがきてから・・・
つーりんぐれぽ
ぷろふぃーる
けいじばん
番外編
Link