つーりんぐれぽ 2009年2月

2月14・15日 フグ三昧の高速つー@知多半島
バイクに乗り始めた頃からの私の参考書的雑誌、アウトライダー。そのvol.34にあった記事にまたまた感化されちゃいました。知多半島はずーっと前に友達と車で行ったことはありますが、フグは一度も食べたことの無い私。いい機会だから真似して知多半島でフグしちゃおう!と思ったのですが、篠島に渡るのはちと面倒(;^_^A  けれどせっかく食べるなら美味しいと評判のところで・・と探したところ、見つけたのが「海の幸 魚虎」さん。かなり日が近くなってからでしたが、予約を入れました。

ところが・・前日の予報では「全国的に荒れ模様」とのこと。雨はぎりぎり朝方に止んだものの、その予報のとおりものすごい強風。朝8時に出立しましたが風に翻弄されて思うように進めず音羽蒲郡に到着したのは11時半。通勤割引と休日昼間割引を利用するために沼津・菊川で乗り直しました。たまたま目に付いたインターすぐの「ヤマサちくわ」さんの駐車場で相棒と合流。11時半近くだからここでお昼にしましょう。「かき揚げうどんと稲荷寿司2コセット」と「いか唐揚げ定食」。ふらりと入っただけだから期待していなかったのだけど、どれもカラリと揚がっていてとても美味しかったです。
そのまま正面にある「三河湾オレンジロード」を利用、途中少しだけ迷走したものの無事県道41号に入り「衣浦トンネル」でR247へ。

O.Rで記事になった篠島は相棒の目線の先に。釣り目的で渡る方が多い様子。
「うめ乃湯」さんってツーマプに載っていたんだね、だからO.Rで取り上げたのかしらん。大盛況らしく駐車場は満杯でした。

あっという間に内海に到着、時間もちょうど良いので先にチェックインとします。もともとは居酒屋さんだったものを宿泊できるようにしただけのため、お部屋もちょっと変わっています。

今回は団体さんの予約が入ってしまったとのことで、私たちは3階にある「親戚が来たときに泊める部屋」で寝泊まりすることになりました。まるで友達のうちに泊まりに来たみたい・・w。
お風呂はバイクで5分とかからない「白砂の湯」へ。お風呂はちょっと色々と残念でした。気を取り直して夕食。店内には生簀があり、色々な魚が泳いでいます。もちろんトラフグも。

てっぴ、てっさ(一皿が一人前)、お刺身で食べられる新鮮な身をさっとあぶり焼きで。そして白子、唐揚げ、てっちり。他のお店では1本から3,4人前を採るというトラフグ。それをこちらでは一人一本!東京で食べたら5万近くする量と質だそうです。(魚虎さんは1泊2食付きトラフグプランで@13,650-)フグ好きな常連さんはシーズン中何度も訪れるとか。「フグを食べに来たのなら、フグでお腹いっぱいになって欲しいから」という心意気、しかと伝わりました。締めの雑炊も美味しく平らげたのはいいけれど、動けないほど苦しい・・。あっさりしているけれど鱈のような淡泊さではない身。初体験なフグを美味しい所で堪能できて良かったです。
さて・・翌朝も品数の多い朝食でお腹いっぱいになって8時にチェックアウト。R247を北上し、野間灯台で一枚。

常滑市街地へ。しかし・・当初見学予定だった「やきもの散歩道」等々・・例の悪い癖が出て「ま、いっかー」と途端に踵を返して帰路に・・。行きとほぼ同じ行程に、三河湾スカイラインを入れて(途中通行止め)R1に出ます。

またまた音羽蒲郡から高速に乗って別々に帰宅。結局私はノンストップで横浜町田まで・・「271キロぶりに足付いた(ってまた?!)」。お陰で渋滞知らずで無事帰着!総走行距離が78,500qを超えました。まだまだ冬の只中だけれど、久しぶりに遠出が出来て良かったです。

くろがきてから・・・
つーりんぐれぽ
ぷろふぃーる
けいじばん
番外編
Link