つーりんぐれぽ 2008年5月

5月3・4日 たった1泊?!なキャンプ@長野
土砂降りの中のすり抜けで幕を開けたGW。先が思いやられたけれど、中央道双葉S.Aに到着する頃は青空。浸水したカメラバッグを乾かしながらここで待ち合わせの相棒を待つ。

合流後、須玉I.Cが出口渋滞ということで急遽スマートI.Cを使ってここから出ることに・・。広域農道を快適に走っていたら突如後ろで「ズザァァァアッ」と鈍い音。
慌ててバックミラーを見ると、パニアケースが回転しながら滑っていくのが見えた!!どうやらネジが歪んでちゃんと取り付けられていなかった模様。高速で落ちたりしなくて本当に良かった。それにしても綺麗な片側まで傷だらけになってしまうなんて・・。まぁ、滑って回転したのが車体じゃなくて良かったよね(爆)。
お昼は以前一人で来た、ほうとうのお店「田舎屋」さん。

出てからは写真も撮らず、停まらず「松原湖高原オートキャンプ場」へ。比較的標高が高い(1,230m)ので寒くて人が居ないかと思いきや、結構難民キャンプなカンジ。それでも第4サイトの穴場を見つけて設営開始。今回お初な「トレックライズ1」ですが、出入りがこんなにラクだったなんて。おまけに一回り大きいだけでこんなにゆとりがあるとは!これならば雨で閉じ込められるキャンプでもテント内に居る事が苦にならないでしょう。

今までモンベルのムーンライト派だった相棒もアライテントの設営のラクさと軽量・コンパクトさにヤラれて私より一回り大きい「トレックライズ2」をお買い上げ。二人揃って初使用なキャンプになりました。
「いつ酔っ払って眠くなっても大丈夫」な準備万端状態。夜は10時頃で10度と比較的暖かかったです。
温泉はすぐ隣に「八峰の湯」という温泉が出来たのですが、駐車場がかなり混雑しているので、買出しがてら一昨年「駒出池キャンプ場」泊時に利用した「灯明の湯」へ。買出しも同じR141沿いのピクシーへ。

そういえば、一昨年のGWには当初能登半島へのツーリングを予定していたのですが、体調がすぐれず急遽近場のキャンプに切り替え駒出池キャンプ場にやって来たのでした。今年もとにかく焚き火を楽しめれば・・と選んだこのキャンプ場の売りは「直火可」。薪を2束買いましたが、松林なので落ちている枝を使っていたら結局残ってしまいました。

サイトは4つに分かれており、今回利用したのは一番奥のサイト。自然の地形を生かしてある区画のおかげで、プライベート感があります。トイレは清潔な簡易式の物が男女ひとつずつ。水場は蛇口が5つあるものが一箇所です。水はまさに八ヶ岳の天然水。手が千切れそうなほど冷たい水が出てきます。
夜は満天の星空。普段見ることが出来ない小さな星までくっきり見えて空一面星でびっしり。林の奥からはふくろうの鳴き声が聞こえてきて野趣にあふれています。GW以外の土日ならばかなりゆっくり過ごせるのでは?!これでバイクなら1泊840円とはかなりお得です。

今回は相棒のガソリンランタンと、一昨年改造したコールマンを追いやり初使用のスノピのギガパワーが大活躍。この中華料理まで出来そうな火力、凄すぎます。野菜スープにきのこのガーリックバターソテー・ジンギスカン・生姜焼きなどでお腹いっぱい。静かに火いじりしていたらいつの間にか11時半になってしまったので、ふくろうの鳴き声を子守唄におやすみなさい・・です。
翌朝、快晴!ナンガの冬用シュラフ1枚で暑からず寒からず、一度も目が覚めず快眠できました。

朝食後、相棒は川へ釣りに行くとのコト。麦草峠へ、滝沢牧場へと走りどころ満載なロケーションなのですが、だるー・・な私はテントへ逆戻り。晴天の下、お昼寝もたまには悪くないと開き直り、間口の大きいトレックライズを網戸にして快適に熟睡(汗)。

しばらくして戻ってきた相棒のお土産のアイスを食べながら周りを見ると・・あれあれ?お昼すぎでチェックアウトをとうに過ぎているというのにオートなファミリーキャンパーが撤収するのがちらほら見受けられました。
急遽作戦会議。明日は長野周辺の天気が昼頃から崩れるとは最初から分かっていました。渋滞のピークでもあります。ならば!2泊分払ったけど、十分満喫したから・・帰っちゃおう(爆)。その代わりお昼も食べてゆっくり片付けてからね。

2時半にキャンプ場を後にし、行きと同じ道をたどり帰路に着きます。サイトからはずっと雲に隠れて見えなかった八ヶ岳が顔を出していたので撮影のため停車、後はノンストップ。

渋滞ピークの一日前だというのに中央道は15キロ渋滞をずっとすり抜け。おまけに高速を下りてからもずっと・・・。乗っていて疲れたと感じたのは久しぶりの事でした。

そういえば・・相棒と一緒に走ったのは去年の夏の九州ツーリング以来。ということは、1150GSは9ヶ月ぶりのツーリング?!今年はもう少しツーに連れてってあげれたらいいね。お疲れさまでした。

5月26日 感覚取り戻すつー?@群馬・長野
冬は毎週ツーリングにでかけていたのにね・・。

遠くに行きたい衝動に負けて久しぶりに4時台に起きて走り出す。とにかく通ったことのない所ならどこでもいいや、けれど青空が似合うのって何だか軽井沢?と思って進路を北へ。関越も久しぶりだね・・。

榛名山、バイクではむかーしむかし来たことがあるのかもしれないけれど、記憶に無い。榛名湖もそう。人気の少ない道も湖も、私のためだけにある・・って勝手に思わせてもらおう。
榛名西麓広域農道。南から入るとしばらくは展望が開けないけれど真ん中辺りから北アルプスが遠くに望めるようになる。ゆるいワインディングが心地よい。そう、この辺りは標高が高いから新芽が顔を出したばかりの木がまだ沢山ある。桜の木も花を残していたなぁ・・。 道路を横断する毛虫たちは沢山見たけれど、おや?何だか動きの速いヤツが。こんな山奥にカニ?!サワガニ?!以前ヘビでタチゴケしたのを思い出して躊躇したけど、やっぱりUターンしちゃう懲りない私。バイクを停めたら私に向かって両方の爪をシャキーンと上げた勇ましいカニ君。でも道路の真ん中じゃあ轢かれちゃうよ。とりあえず脇に移動させてから撮影させてもらいまっせー。こんな時こそGR大活躍!すぐに取り出せて、ただ写るだけじゃなくてマクロもボケも思い通りになるんだもん。ねぇねぇ、その右の爪は「チェケラッ」って?(笑) 
広域農道を北上したのに、今度は隣を平行して走るR406を南下する。はははー、ただ単に走りたいだけ。

県道54号を右折して、二度上峠から浅間山を望む。反対側は榛名山が見えるらしいけれど生憎今日は霞んでいた。

さて、軽井沢に入った。通ったこと無い道を通るのだから、白糸ハイランドウェイなんて通ってみる。ついでに白糸の滝なんぞ・・、がっかりしました。観光バスで乗り付ける程の所かなぁ・・。
お次は旧碓氷峠の見晴し台。目の前には妙義連峰。富士山や八ヶ岳、北アルプスまで見えるらしいので、空気の澄んでいるときに来て見たいかも。

軽井沢駅を通り過ぎ、県道92号で碓氷軽井沢I.C前に出た。釜飯の「おぎのや」が小さな分店を出していた。近くの東屋で食べてもいいとのコトなのでこれをお昼にする。

久しぶりのツーだからか、首が痛い。ヘルメットの重さ忘れちゃった?食べ終わって地図とにらめっこ。すぐ目の前から高速乗るのじゃつまらないから、県道92号はとりあえず抜けておこう。結局富岡からIN。
4時45分に出立して16時50分にガレージ経由で自宅に到着。ををっ、12時間日帰りツー!距離はしめて470キロでした。

くろがきてから・・・
つーりんぐれぽ
ぷろふぃーる
けいじばん
番外編
Link