つーりんぐれぽ 2007年4月

4月7,8日 関東オフ@山梨
春です。恒例のF650メーリングリストの関東オフが開催されました。北は青森県から南は和歌山県まで、全国から大勢のF乗りが参加しました。
毎回写真を忘れてしまっていた「ふるさと公園」での前半のお花見。今年は忘れずに撮ってきました。でも生憎曇り空で桃の花のピンクも少しくすんで見えます。

29名が車座になって各自お弁当を広げます。楽しそうな雰囲気にカメラを持った方が「一枚撮らせてもらっていいですか?」とやってきました。カメラを習って分かったのですが、お祭りとかイベントとかの「人」もかなり貴重な題材らしいのです。片側通行止めの橋に停めた沢山のバイクも格好の被写体になっていました。
後半のキャンプは25名。それにしても毎回思うのですが、これだけの規模でキャンプする機会ってそうそうないですよね(野フェスなんかは知らない人同士の集まりだし)。 綺麗に散らばった色とりどりのテントを見てつくづくそう思います。

生憎夜は土砂降り。最初のテント幕営がこうなると今年一年を予感しているようで・・。それでも不幸中の幸いは撤収時にはやんでいたこと。キャンプって不思議なもので、久しぶりにやる時は「どっこいしょ」とかなり気合を入れないとやる気にならないのですが、一度やってしまうともうすぐ次をやりたくなってしまうんですね・・。次は道志の森キャンプ場でやるよ!って誰に言っているの?σ(^◇^;)



4月15日 桜よりも団子よりも・・
飛び出した先は西伊豆。今回は新緑を求めて・・ただそれだけ。桜はもちろん春の主役なのですが、それよりも私が好きなのは新緑。皆余り気にしないけれどあの緑だって桜と同じくほんの短い間楽しませてくれる目のためのサラダ。淡い緑色は青空との相性も抜群です!

達磨山林道はほとんど車がやってこない貸切状態でかつ展望も素晴らしい穴場のルート。

この眺望と新緑を前にしてかなり長い間休憩。すぐ近くの木では鶯が私のためだけにオンステージ。
身体も精神的にも疲れていたので多分起きれないだろうけど・・とセットしておいた目覚まし時計。けれど朝、叩き起こされカーテンを開けて目の前に広がっていた青空を見たら・・。眠気ってナンデスカ?
真似して口笛を吹いたらそういえば昔よく練習していたことを思い出しました。下手くそだけれど思いつくままに色々な曲を吹いてみたら情けないことに息切れ。そんな酸素不足の肺に流れ込んできたのはほんのり甘い香り?!すごい!これって花の匂いじゃなくて緑の匂いだ!人間だってこんなに快晴ならば気持ちよくて伸びをしたくなるのと同じできっと木々も目一杯伸びをして深呼吸をしたのでしょう。その吐き出したものがこの香り。五感に響く春ハルはるぅ〜!

青空をバックに光が透けた若い葉たちはとってもキラキラしていました。この緑色にもちゃんと名前があるんだそうです。「裏葉色(うらはいろ)」。何とも言い当てて妙ですね。
一度R136に出て土肥に下りますが県道410号に逸れて折角下ってきた山をまた登って行きます。大いなるガソリンの無駄遣い?

仁科峠の牧場の家でソフトクリームを。思ったよりも気温が高く、バイクに戻る前に解け始めたのでたまらずペロリ。峠周辺も展望が素晴らしかったのですが観光バスがやってきたので慌てて出立!道が狭いので先に行かれてしまうと抜くチャンスがありませんから・・。(^-^;

県道59号に逸れてしばらく行くとアウトライダーにも登場したわさび田が現れます。小さくてカワイイわさびの花。初めて見ました。湧水好きイコール清流好き(?)なので飽きることなく眺めていました。心が洗われます。

この後、持越温泉で休憩しましたがやはり平日の疲れはこの程度では取れないようです・・。
けれど目だけは癒されたようす。
さてさて、ただ走るだけ、見るだけの今回のルートは下記のとおり。

沼津I.C−R1−R136−県道17−県道127−県道18−達磨山林道−R136−県道410−県道59−県道12−冷川I.C−伊豆スカイライン



くろがきてから・・・
つーりんぐれぽ
ぷろふぃーる
けいじばん
番外編
Link