つーりんぐれぽ 2005年5月

GW前半 長野キャンプツーリング 4月29日〜5月1日
F650GSと花たち GW前半スタート!諏訪南I.Cから杖突街道(R152)を南下。高遠を経由して分杭峠も通過、F650MLメンバーと待ち合わせの駒ヶ根へ戻る為県道22号、210号、県道49号と快走。MLメンバーと合流後、I氏オススメのソースかつ丼のお店「いな垣」へ。

これがめっちゃくちゃ美味。ロースとヒレがありますが、あえてヒレにしてみました。醤油ベースのこってり特製ソースを味わうにはお肉は脂少なめのヒレが合うようです。お値段以上の満足を得られますよ!
食後、飯田I.C付近にあるサティで買出し。園原I.C近くの弓の又キャンプ場へ。温泉は昼神温泉(400円)で。キャンプ場で割引券がもらえます。
「いな垣」のソースかつ丼 月川温泉ならば数分の所にありますが、時間制限があるのでご注意下さい。キャンプ場はオートなので1区画3,000円。今回は人数割りとなりました。
右:「そば処 まつば」

「そば処まつば」
左:県道210号線沿い「すみよしや」近くにて

上:「いな垣」のソースカツ丼(ヒレ) 1,155円

右:弓の又キャンプ場
弓の又キャンプ場 翌日はR256、R19、県道20号を経由して北上。木曽街道沿いにあるおそば屋さんで昼食。茹でる時に寒天でも入れているのか、ざるに透明の粒が。食感と風味の不思議なおそばです。
とうもろこしソフト 開田高原キャンプ場 二泊目は開田高原キャンプ場へ。炊事場もトイレも昔ながらの作りですが、必要にして十分。標高が高いのでかなり涼しいのかと思っていましたが、夜中も平均して12度程度でした。林間のサイトですが木々越しに素敵な星空が見られます。
直火OKでありながら、面倒臭さが先にたってしまいネイチャーストーブのみ。ちょっともったないなかったかな・・。薪はたくさん落ちてますから拾いましょ!

買出しは県道20号からキャンプ場に向かう分岐にある万屋さんで。生鮮食品もあり。キャンプ場からすぐの温泉「やまゆり荘」(600円)、距離が近く露天風呂も広くて展望も素晴らしく、畳敷きの広い休憩所もあっていいのですが、いかんせん洗い場少なすぎ!!裸で順番待ちの行列ってホントおかしな光景・・。(`ε´)ぶーぶー 
F650GS野麦峠で
開田高原アイスクリーム工房のとうもろこしソフト  350円




GW後半 紀伊半島ツーリング 5月3〜7日

3日

知人と足柄S.Aに1時に待ち合わせするもハンパじゃない渋滞に加え、バイクの事故を目撃し、意気消沈。クラフトで小休止し、2時頃再出発。
浜松西I.CからR42を使い一路渥美半島へ。目指す国民宿舎信州での立ち寄り湯(400円)は8時半までなので焦りが募ります。途中何の表示もないので、まっすぐな道を行ったり来たり。休暇村を過ぎて少し行ったところを右折した先にそれはありました。滑り込みギリギリセーフ。あまり清潔な感じはしないけれど贅沢は言っていられません。汗を流した後はフェリー乗り場に戻る途中にあるサークルKでお酒と夕食を買い、フェリー乗り場へ。ちょうどいい
芝生の上でテントを設営。11時に就寝となりました。
4日

翌朝は5時にフェリーのアナウンスに起こされました。8時出港が最初だと思っていましたが、6時が最初だそう。あわてて撤収して間に合いました。鳥羽に上陸後、伊勢湾スカイラインを使い、伊勢自動車道を勢和多気まで。後はR42を南下、道の駅「紀伊長島マンボウ」で和歌山では定番の品々を。
めはり寿司 さんま寿司 焼さんま寿司 ツーリングの楽しみは素敵な景色とおいしい名産品。その土地に育まれたモノたちはやはりその生まれた空気の中で味わうのが一番ですね。全部ペロリと頂いちゃいました!
めはり寿司 さんま寿司 焼さんま寿司
F650GSと十二滝 その後、道に迷い出てきてみたら十津川温泉。十二滝はR168のカーブの途中にどーんとあります。慌てて駐車しようとする車が沢山いますので要注意です。

熊野大社に参拝。三本足の八咫烏がシンボルマークで、お守りやステッカーなどちょっと変わってますが、オススメ。少し離れた所にある大鳥居にも足を伸ばしてみて下さい。カエルの合唱が響き渡る田んぼの中、たたずんでいれば穏やかな時間の流れを感じることができます。初めて来た場所なのに、懐かしく感じるのは何故でしょう・・・。
熊野大社の大鳥居
直火堪能中
川湯野営場木魂の里は川原もサイトも難民キャンプ状態。ファミリーキャンパーの大きなテントの隙間をぬって小さなテント二つをひっそり設営。
買出しは道の駅「奥熊野古道ほんぐう」前にあるAコープ。温泉はクアハウス熊野本宮で。キャンプ場で割引券がもらえますので、500円になります。
川湯野営場木魂の里
丸山千枚田 5日

 翌朝、丸山千枚田〜白浜へ。「とれとれ市場」が混雑していたので、その横にある「いただき亭」で昼食を。円月島を見た後、折角なので磯に下りて見ました。ダイジェストツーリングだと色々見たいので一箇所はバタバタ過ぎてしまいます。また来る時にはゆっくりね。
まぐろ丼 天丼 F650GSと円月島
いただき亭丼 フライロール
龍神温泉に着いてからキャンプ場探し。R425にある小又川キャンプ場は歩いて河原に下りないと行けないちょっとキビシイキャンプ場。おまけにR425(シニゴー)と言われるだけあって、道も険しい・・。暗くなってしまったらとても危険ということで却下。
宮代オートキャンプ場はオートサイトとフリーサイトに分かれていてバンガローもあります。地元の方々が愛情込めて清掃して下さっているお陰でとっても清潔です。今日は私達以外にはいないということもあり、ここに決定!シャワールームもお手洗いも、炊事場もピカピカ。これを皆でも守っていきたいものです。コインランドリーもありますので長期滞在にも向いているかもしれません。
宮代オートキャンプ場 買出しは「ふれあいマートあだち」で。お惣菜やお酒もあります。お風呂は日本三美人の湯と言われる龍神温泉元湯(600円)で。脱衣所、洗い場、露天、内湯どれも十分な広さで清潔です。残念なのは湯上りに休憩するスペースが無い事でしょうか。泉質はナトリウム炭酸水素塩泉で、お肌がつるつるになるのが実感できます。おまけに体の芯まで温まり、本当に「い〜お湯」でした!
天気予報どおり夜半から雨。フライに叩きつけられる雨の音を子守唄に就寝となりました。
6日

翌朝も雨は止まず、広い炊事場で撤収作業。他に誰もいなくて良かったです。
一晩中雨に打たれていたくろは調子が悪く、エンジン回転数が不安定ですぐにエンストしてしまいます。標高が高いことと、気温が低く暖まりにくいせいでしょう。高野龍神スカイラインは霧の中でした。エンジンを気遣いながら雨の中をひたすら走行。高野山でもトイレ休憩のみで通過。昼食も食べずに走る走る。ようやく2台が停まったのは
「ログレストラン 冨夢想野」の前でした。その時刻4時半。親切なお店の方はびしょ濡れの二人のためにストーブを点けてくれました。一番近くに座りながら手作りパンとカツカレーをもりもり食べて体力回復。
ログレストラン 冨夢想野内部 カツカレーと手作りパン
雨の中を6時間近く、それも緊張を強いられる狭い国道を走った体は思ったよりも消耗していました。天気予報で午前中であがるはずだった雨は明日の朝までと変わってしまい・・・。そこで、近くにある「ホテル スメール」に電話。幸いGW中日の平日ということで予約OK。あともう少しと言い聞かせてお店から5分ほど走ると現れたのは綺麗なリゾートホテル。こちらでも親切に、バイク2台を入り口近くの屋根の下に停めさせていただきました。 いのしし鍋 夕食の前にお風呂へ。広いし綺麗だし、もうサイコー。平日ということでガラガラ。日帰り入浴もやっているようですが、時間が遅かった為、空いていました。夕食はいのしし鍋、あまごの塩焼き、揚げ物などなど。食べきれないほどどんどん出てきて、どれもとてもおいしかったです。
雨の中のテント設営も覚悟していた所に突然こんな綺麗なリゾートホテルに泊まれちゃうなんてとってもラッキー。夕食後にもまたまた温泉で大満足。久しぶり(?)のお布団でおやすみなさい・・・(mー_ー)m.。o○ zZZZ
朝食! 7日

翌朝、出立直前10時頃に雨は上がりました。カッパをしまい、晴れ渡った空の下、すがすがしい気分でホテルを後にします。再び勢和多気I.Cから伊勢自動車道に乗り、フェリー乗り場まで。来た道を戻り、東名に乗ります。今年のGWは間に平日があったお陰で帰りは渋滞知らずでした。
今回はやはりダイジェストということで、点と点をつなぐような走り方になってしまいました。次回、そう遠くないうちにまた紀伊半島を訪れる予定ですがその時は道中をゆっくり楽しめる走りをしたいと思います。何より事故無く帰ってこれたことにまた感謝。



中津川キャンプツーリング 5月21〜22日

中津川村キャンプ場
(今回はバンガロー泊)
サイトまではつり橋を渡って。
全部で何台でしょう?
何年ぶりの三国峠?
この日の中津川林道は行くバイクも
来るバイクもBMWだらけ!
最高時速40キロ・・・(^^;;
無転倒でほっと一安心のガッツポーズ! 「車の上に乗るの、もう慣れっこ(はぁと)」
ってそんなこと言ってる場合じゃないでしょ。
3回目のレッカーです・・(;´д`)トホホ
どなどなど〜な〜ど〜な〜♪
BMWメトロ主催の1泊ツーリング。各ディーラーそれぞれのルートでツーリングをした後に現地で集合。私は別行動で現地入り。キャンプ場に荷物を降ろして中津川林道を三国峠までピストン走行して来ました。5年ぶりの本格林道走行ですが、何とか体は覚えているよう。というよりもかなりトルクに助けられたカンジですが。
夕食はディーラーごとにテーブルを囲んでのバーベキュー。MLメンバーのI氏発見!!一足お先に抜け出て入ったお風呂は鉱泉の為茶色いぬるめのお湯でした。ボイラーで沸かしているのですが、なかなか温まらない様子。今日より外気温が低いと風邪を引いてしまうかもしれません。

翌日はBMWジャパンが試乗会を開催。折角なので新型ダカールとR1200GSを中津川林道で試乗。うわ!ダカールはくろとは全然別物でした!このサスペンションは林道だけでなく舗装路でもクイックに走れそう。固めのセッティングのせいかくろと同じ重量のはずなのに軽く感じてしまいました。R1200GSは林道では結構怖い走り出しも難なくスルスルと。重さを感じさせない安定した走りをしてくれる足回りとギアを下げる余裕が無くてそのまま入ってしまった上りカーブでもノッキングもしない太いトルクのエンジン。こりゃー欲しくなります!

今思えばその浮気心がまずかったのでしょう・・。帰宅途中でパンク。リアタイヤのど真ん中に長い釘がまっすぐに刺さっていました。ガソリンスタンドで空気を入れてもすぐに漏れてしまう程重症。修理の出来ない私はすぐさまBMWオーナーズクラブのロードサービスにSOS。受付から現場到着まで30分以内が基本との事ですが、日曜日の夕方ということもあり少々オーバーの40分。それでもジェベルの時のように高速道路の路肩に2時間待たされた事を考えたら早い早い!現場から一番近いディーラーまでの搬送が無料ということで川越I.C近くの「ガル」さんへ。費用はパッチを当てる修理代5000円のみで済みました。いやー、皆さんも自分のバイク以外を褒めたり欲しがったりした時はご注意を!!(笑)


くろがきてから・・・
つーりんぐれぽ
ぷろふぃーる
けいじばん
番外編
Link